シーラック、かつお節菓子でふりかけ

2017/12/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

食品メーカーのシーラック(静岡県焼津市)はかつお節菓子「バリ勝男クン。」を使ったふりかけを売り出した。かつお節チップスを粉砕してとろろ昆布とのりをトッピングし、白米に合う味に仕上げた。のりはうなぎや富士山など県内の名物をかたどった形にした。パッケージは県内の地名をあしらい、土産品として需要を開拓する。

発売したのは「静岡まるごとバリ勝男クン。ふりかけ」。「バリ勝男クン。」は累計販売が1000万食を突破し、ブランドが浸透したとみて、ふりかけも同じブランド名で売り出す。

内容量は2.5グラム×10袋で、価格は580円。高速道路のサービスエリア(SA)や駅売店などで販売し、年間3万箱の売り上げを目指す。

バリ勝男クンは最近、サラダなどのトッピング用に薄くした商品を売り出すなど品ぞろえを拡充している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]