スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

「横綱をなめてるのか」 暴行事件詳細、報告書で判明

(2/2ページ)
2017/12/20 21:30
保存
共有
印刷
その他

■リモコンで殴打

さらに日馬富士はカラオケのリモコンで貴ノ岩の頭部を数回殴打。これを見た白鵬は日馬富士を制止して室外にいったん出したが、その後、戻ってきた日馬富士が再び貴ノ岩に「ちゃんと謝れ」と述べ、素手で1~2回顔をたたいた。貴ノ岩が「申し訳ありません。これからは気を付けます」と謝罪したため、暴行をやめた。

日馬富士は鶴竜に対しても「おまえがちゃんと指導しないからだ」と叱責。照ノ富士に対しては「稽古に気合が入っていない」「何か聞きたいことがあれば言いなさい」と説教。照ノ富士が正座して「自分達は思っていることは言えないんで。壁があるので」と答えると、「壁はおまえたちがつくっているんだよ」と、素手で1~2回、頬を軽くたたいた。照ノ富士は「ごっつぁんです」と応じた。

貴ノ岩は頭皮が切れて流血し、手首にあざができた。暴行を受けた時間は数分程度。素手での殴打の回数は十数回に及んだ。貴ノ岩は、LINEの返事をしたことは無礼なこととは考えておらず、日馬富士の暴行が理解できなかった。周囲の者が止めに入らなかったことも疑問に感じていた。

またラウンジからの帰り際、貴ノ岩から「(日馬富士から自分は)何で殴られたのか」と尋ねられた石浦が、「ビール瓶とデンモク(リモコン)と思う」と返答した。だが、石浦自身は直接目撃していなかった。一部報道にあったビール瓶による殴打や馬乗り、アイスピックを持ち出したといった事実も認められなかった。

■暴行の後、握手

26日、貴ノ岩は日馬富士に「昨日、すいませんでした」と謝罪し、握手を交わした。頭の負傷について、師匠の貴乃花親方には「酒を飲んで階段から落ちた」と説明したと話した。

日馬富士は握手によって解決したと思い、師匠の伊勢ケ浜親方には報告しなかった。白鵬と鶴竜もそれぞれの親方には報告していなかった。だが貴ノ岩が握手をしたのは、地元の高校関係者の助言によるもので、自身が納得していたわけではなかった。

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で、2005年春場所以来15年ぶりに十両に転落した元大関の琴奨菊が30日、電話取材に応じ「正直悔しい。まだまだ力を出していないぞと。勝てば(幕内に)上が …続き (30日 17:24)

 日本相撲協会は29日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、来年3月の春場所を予定通り大阪市のエディオンアリーナ大阪で開催する方針を確認した。新型コロナウイルス対策のため今年7月の名古屋場所と …続き (29日 19:34)

幕下力士らと稽古する正代(29日、東京都墨田区の時津風部屋)=日本相撲協会提供・共同

 大相撲の新大関正代は29日、東京都墨田区の時津風部屋で幕下力士と約10番取った。稽古後に報道陣の電話取材に応じ、前日から相撲を取る稽古を再開したといい「(感覚を)だいぶつかめている気はする。踏み込み …続き (29日 17:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]