ダイニチ工業 石油暖房機など2割増産 寒波で需要増

2017/12/20 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダイニチ工業は12月、石油ファンヒーターや加湿器など冬季向けの商品を当初計画より2割増産する。従業員の休日出勤や残業を増やして対応する。平年よりも気温が低いことや個人消費の回復が要因。同社が生産計画を上方修正するのは3年ぶりという。

石油ファンヒーターは暖冬だった昨シーズンから一転、今年は平年よりも冷え込んでいることが好調な販売につながっている。気象庁によると、12月1~19日までの平均気温は東…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]