2019年2月23日(土)

東京五輪の演出チーム8人、椎名林檎さんらも

2017/12/20 19:30
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は20日に開いた理事会で、世界の注目が最も集まる大会の開会式と閉会式について、式典の演出を検討する有識者8人のチームを設置することを決めた。五輪とパラリンピックの開閉会式を一続きの4部作と捉え、起承転結のストーリーを編み出す役割を担う。

チームには優れた映像表現を手掛けてきた人材として、アニメ映画「君の名は。」などに携わったプロデューサー、川村元気さん、「ALWAYS 三丁目の夕日」の監督、山崎貴さんが入る。

日本の伝統文化を演出できる人として、狂言師の野村萬斎さん、障害者の芸術活動を支援するクリエーターの栗栖良依さんも選ばれた。

国内外で評価が高かったリオ五輪閉会式の「フラッグハンドオーバーセレモニー」を手掛けたクリエーティブディレクターの佐々木宏さんと菅野薫さん、音楽家の椎名林檎さん、振付家のMIKIKOさんの4人もメンバーに加わる。

組織委幹部は「東京大会以降も活躍できるフレッシュな人材を選んだ」としている。

チームで来年夏までに式典全体の基本プランをまとめたうえで、五輪・パラリンピックの開閉会式の4つの式典それぞれについて監督を選出する。全体のコンセプトとしては、「平和」「共生」「復興」「ワクワク感・ドキドキ感」など8つの項目を挙げた。組織委の森喜朗会長は「国民の記憶に残る素晴らしい式について、議論して具体案を取りまとめてほしい」と期待を寄せた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報