/

日本オラクルの6~11月、単独税引き益4%増 クラウド利用伸びる

日本オラクルが20日に発表した2017年6~11月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比4%増の172億円だった。同期間として過去最高を更新した。国内企業のIT(情報技術)投資が活発で、システムをネットワーク経由で利用するクラウドサービスが伸びた。

売上高は4%増の841億円だった。企業の働き方改革の推進などを背景に統合基幹業務システム(ERP)の利用が増加。事業を海外展開する製造業からの引き合いが強かった。金融関連や通信業などを中心に基幹系のクラウドシステムの利用も増えた。クラウド事業全体の売上高は43%伸びた。

ソフトの更新・サポート事業の売り上げも5%増えた。既存のシステムを長く利用する企業が多く、サポート契約の更新が順調に伸びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン