/

フジクラとドコモ、小型燃料電池を携帯基地局に導入

フジクラは20日、NTTドコモとともに小型燃料電池を携帯電話基地局に導入し、災害時でも通信回線を提供できるようにする実証実験を始めると発表した。期間は12月20日から2018年9月30日まで。災害を想定した長時間の運用や、太陽光パネルと燃料電池の連携運転試験などを実施する。

高知県南国市にあるドコモの基地局にフジクラが開発した「直接メタノール型燃料電池(DMFC)」を導入する。メタノールと空気中の酸素を化学反応させて効率よく発電するため、静粛性に優れ、有害物質も発生しないという。

導入するのは定格出力1キロワットの燃料電池で、重量は70キログラム。従来の燃料電池は大型で定置式だったが、フジクラが大きさを20分の1以下にした。ガスタンクなどの大型設備も必要ないことから、災害が発生した際の被災地域への持ち込みや、ビルの上にある小さな基地局へも設置が可能になる。

基地局での運用時間も従来の3日間から4日間に伸ばし、停電時への活用が期待できる。ドコモが開発を進める太陽光パネル搭載の基地局と燃料電池を連携運転させることで、基地局を1週間以上運営できるという。

実験では災害発生時の長期停電発生を想定したときの燃料電池単体の運用特性を評価する。基地局の太陽光パネルや蓄電池と連携運転させたときの特性も検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン