/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンで個人情報管理 ソフトバンクが金融機関向け

[有料会員限定]

ソフトバンクグループは仮想通貨の基幹技術「ブロックチェーン」(分散台帳技術)を応用した個人情報管理システムを開発した。機密度の高い情報の漏洩を防ぎながら、様々な目的に利用できるようになる。2019年中にも販売を始め、20年までに大手銀行や消費者金融など30~50社からの受注を目指す。

システムはソフトバンク傘下のソフトバンク・テクノロジーが、ブロックチェーンの技術開発ベンチャーのシビラ(大阪市)と組んで開発した。不動産関連の決済データを取り扱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン