/

この記事は会員限定です

確信犯的な特許侵害企業に対策を 豊田秀夫氏

パナソニック アドバイザー(元知的財産センター長)

[有料会員限定]

特許を多く持つメーカーの立場からみると、近年、確信犯的に特許を侵害する悪質な企業が目立って増えたと感じる。国際的な大企業ですら、そうした振る舞いをみせることがあり、特許権者の悩みの種だ。重要な特許を買い集めて訴訟を起こし法外な和解金を受け取ろうとする「パテント・トロール(特許の怪物)」より深刻な問題ともいえるが、特許庁などの危機感は薄い。早急に実態調査などを進め、対策を講じるべきだ。

悪質な特許侵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン