/

この記事は会員限定です

教育投資の優先順位を考える(8) 大学無償化、他の改革と一体で

赤林英夫 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

最後に、高等教育への投資の優先順位を考えます。学費の無償化の効果は意外と複雑で、私的収益率の上昇と資金制約の緩和を同時にもたらします。しかし、大学教育の効果には個人差があります。勉学意欲に欠け、社会的収益率が低い学生のコストを税金で負担しても、社会として十分な成果を得られませんが、そうした入学志願者を増やす可能性があります。

欧州の大学は多くが無料ですが、学生の管理は厳密で、やる気のない学生はつい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン