/

豊洲移転、18年10月11日に決定 東京都

築地市場で開かれた新市場建設協議会であいさつする村松中央卸売市場長(右)。左端は伊藤築地市場協会会長(20日午後、東京都中央区)

東京都は20日、築地市場の業界団体との協議会を開き、豊洲市場への移転時期を2018年10月11日に決定した。都と業界は11月上旬の協議会で18年10月中旬とすることは合意していたが、業界内の一部の反発で具体的な日取りの調整が難航していた。移転日が決まったことで、都政最大の懸案の市場移転が大きく前進する。

20日中に小池百合子知事が正式発表する。移転日の決定を受け、都と業界は引っ越しや店舗の工事など移転の実務作業に入る。

ガス工場跡地の豊洲市場は土壌汚染が懸念されており、都は18年7月末までに追加対策工事を完了させる。豊洲移転後に築地市場は解体し、20年の東京五輪・パラリンピックに向けた輸送拠点(デポ)や、都心部と臨海部を結ぶ環状2号地上部の建設工事に入る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン