/

JSR、米創薬支援会社を440億円で買収

(更新)

JSRは20日、米創薬支援サービス、クラウン・バイオサイエンス・インターナショナルを440億円で買収すると発表した。2018年6月をメドに完全子会社にする。創薬から開発支援の受託までを提供する同社の買収により、創薬支援事業を強化する。

クラウン社はがんに対する新薬の効果を人体に近い環境で評価できるモデルを、世界最大の3000種類以上持つ。新薬候補で本当に効き目のある人に絞って治験ができるなど、評価の効率化を図れる。

JSRは最先端の遺伝子診断技術の知見を持ち、すでに開発に取り組む。都内で会見した小柴満信社長は「データ解析技術が最高に効く分野。研究開発の効率を10~100倍にできる」と語った。同社は20年度のライフサイエンス分野の売り上げを現在の約2倍の500億円に増やしたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン