/

この記事は会員限定です

金融庁、現役世代から高齢者の資産運用にシフト

[有料会員限定]

金融庁が高齢者向け運用商品の販売ルールなどの見直しを始めた。11月に公表した金融行政方針に「退職世代等に対する金融サービスのあり方の検討」という項目を盛り込んでいる。日本人の平均寿命の伸びに合わせ、高齢者の金融資産を長持ちさせることが狙いだ。

当局はこれまで現役層を「貯蓄から資産形成へ」誘導する取り組みを金融機関に働きかけてきたが、積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の導入で現役層の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン