/

この記事は会員限定です

迎撃精度・コストに課題も 陸上型イージス、23年度にも運用へ

[有料会員限定]

政府は19日、米軍の陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」2基の導入を閣議決定した。北朝鮮の弾道ミサイルから日本全域を守れるよう秋田、山口両県に1基ずつ配備。2023年度の運用開始をめざす。ただ多様な発射パターンをもつ北朝鮮ミサイルの迎撃精度をどう高めるかや、1基あたり約1千億円という高額な導入費など課題も山積している。

現在、日本のミサイル防衛は海上自衛隊のイージス艦と航空自衛隊の地対空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

緊迫 北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン