/

この記事は会員限定です

再生医療、日本の影薄く 研究予算偏重に不満の声も

[有料会員限定]

再生医療研究で日本の存在感が揺らいでいる。京都大学の山中伸弥教授がヒトiPS細胞作製に成功して10年。iPS細胞を使った世界初の臨床研究を実施するなど前進も見られる一方、米欧や中韓との競争は激しく、世界の潮流から後れを取る懸念も指摘される。iPS細胞の研究とその備蓄事業への重点支援、臨床応用の重視という3つの「偏重」が逆風を招いているとの見方もある。

「もうやめたらどうだ」。12月初め、国の再生医...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン