/

この記事は会員限定です

慰安婦問題、韓国に不信拭えず 首相訪韓なお慎重

[有料会員限定]

河野太郎外相と来日した韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との19日の会談は、従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意を巡る両国間のしこりを浮き彫りにした。日韓合意の検証作業に理解を求めたい韓国側に対し、不信を拭えない日本側は「合意の着実な履行」へクギを刺した。安倍晋三首相は康氏が求めた2月訪韓になお慎重だ。日韓は北朝鮮対応でかろうじて連携を保つ状態が続く。

両外相は昼食をはさみ、約3時間会談し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン