2019年3月26日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,977.11 -650.23
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
20,740 -600

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

GPIF、代替投資を本格化 まず不動産
運用機関に三菱UFJ信託を選定

2017/12/19 18:07
保存
共有
印刷
その他

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内の不動産ファンドへの投資を本格化させる。19日、投資を担う運用機関に三菱UFJ信託銀行を選んだ。上場株式や債券といった伝統的な資産とは違うオルタナティブ(代替)投資を増やし、運用利回りの向上を目指す。

GPIFは約156兆円の資産全体の5%を上限に、(1)インフラ事業(2)プライベートエクイティ(PE)と呼ばれる未上場株式(3)不動産などのオルタナティブ資産に投資する方針を打ち出している。今年4月から運用機関の公募を始めた。他の分野に先行する形で不動産分野で三菱UFJ信託を運用受託機関に選んだ。

GPIFとしては初めて、複数のファンドにまとめて投資するファンド・オブ・ファンズ(FOF)の手法を採用する。運用機関である三菱UFJ信託の目利き力で複数の私募ファンドなどを束ねて、投資する。今回GPIFが委託するのは国内で安定的な収入を目指す不動産投資だ。オフィスビルの賃料収入などが主な対象になる見通し。

オルタナティブ資産は市場が整備途上で、売買が容易な上場株や債券に比べると、売買するのに制約がある。半面、比較的高い利回りが見込めるのが特徴だ。世界最大級の機関投資家であるGPIFが不動産投資を本格的に始めることで、他の企業年金などが追随する可能性もある。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

主要金融ニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム