最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

日産車体 18年ぶり最終赤字に 無資格審査響き

2017/12/19 20:00
保存
共有
印刷
その他

日産車体は19日、2018年3月期の連結最終損益が45億円の赤字(前期は82億円の黒字)になりそうだと発表した。最終赤字は18年ぶり。従来は54億円の黒字を見込んでいた。完成車の無資格検査問題を受けて現在、再発防止策を実行しており、生産ラインのスピードを通常の6~7割に落としている。生産台数が当初計画に比べ16%減るのが響く。

売上高は前期比2%減の5550億円、営業損益は17億円の赤字(前期は121億円の黒字)に予想を見直した。従来に比べそれぞれ850億円、142億円下方修正した。

完成検査工程の見直しなどで生産スピードを落としている影響で大型多目的スポーツ車(SUV)「アルマーダ」や「NV350キャラバン」など計4万台の生産が減る。無資格検査問題が発覚する前は、日産車体九州(福岡県苅田町)、湘南工場(神奈川県平塚市)、オートワークス京都(京都府宇治市)の3工場合計で、今期は約25万台の生産を見込んでいた。

完成検査員の増員や顔認証システムの導入などで数億円の追加費用も計上する。再発防止策を実施しながら生産スピードは段階的に引き上げる計画。18年3月末までには正常化する見込みだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム