/

ゴールドアイピー、AIで特許審査のシミュレーション

知的財産ビジネスを手がけるゴールドアイピー(東京・千代田、白坂一社長)は人工知能(AI)を使い特許審査のシミュレーションができるソフトを開発した。2018年末に提供を始める。発明内容を文章形式にして記入すると、米特許庁の文献のデータベースにある過去の出願内容や審査通過の有無などと擦り合わせ、発明の新しさを分析する。これまで75万~100万円程度かかっていた特許出願までの費用を約30万円下げられる見込みという。

ゴールドアイピーが開発した「IPサムライ」

開発したAIソフト「IPサムライ」は基本機能は無料。まず18年後半に米国での特許出願に対応する。AIで審査を通過しないリスクを事前に検知し、通りやすくするための改善点も提案する。ゴールドアイピーは知的財産の海外出願支援を手がけており、スパークス・グループが運用する未来創生ファンドからも出資を受けている。

(企業報道部 吉田楓)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン