習主席が南京式典で演説を避けた深い訳 編集委員 中沢克二

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2017/12/20 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国国家主席、習近平(シー・ジンピン)による人民解放軍の完全掌握と日中関係の未来には微妙な関わりがある。それを浮き彫りにした小さな旅があった。12月12日から13日にかけての江蘇省行きだ。

1937年から80年の節目に1万人が参列した「南京大虐殺犠牲者国家追悼式典」に目を奪われがちだが、習の視線はそこに向いていない。小旅行の真の目的地は交通、軍事上の要衝である江蘇省徐州。1949年の新中国建国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]