2019年6月19日(水)

チームニッポン大変革

フォローする

本場の米企業に学ぶ スポーツの産業化とは…
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/12/20 6:30
保存
共有
印刷
その他

スポーツが巨大な産業となっている米国では、日本にはない発想で成長を続けるスポーツ関連企業がたくさん登場している。米ファナティクス(フロリダ州)はMLB(米大リーグ機構)やNFL(米プロフットボールリーグ)など米プロスポーツを中心に世界中で300以上のリーグ、チームなどと契約。ファン向けのレプリカユニホームやTシャツをはじめとした多彩なグッズを製造し、主にネットのオンライン通販によって年間20億ドル(約2250億円)以上を売り上げる。現在は売り上げの約9割が米国内だが、世界を市場にすることで5年後には年間100億ドルの売り上げを目指している。

ソフトバンクグループ、10億ドル出資

「ファン向けのサービスを充実させることは、日本のスポーツの価値をさらに高めることにつながる」と川名氏

「ファン向けのサービスを充実させることは、日本のスポーツの価値をさらに高めることにつながる」と川名氏

同社は近く日本でも法人を設立してビジネスを展開する。日本法人の代表に就任予定の川名正憲氏に会う機会があった。川名氏は慶大時代は体育会野球部のマネジャー。2004年に卒業して三菱商事に入社したが、スポーツビジネスで起業したいと退社した。「ファン向けのサービスを充実させることは、日本のスポーツの価値をさらに高めることにつながる」と力説する。

スポーツの価値を高めるとは、チームやリーグ、競技団体がもっともっと稼げるようになるということだ。スポーツチームの収入といえば、チケット、テレビ放映権料、スポンサー広告料などが思い浮かぶが、コアなファンやサポーターの存在を考えれば、ライセンスグッズの売り上げも見逃せない。ただ、日本ではその市場を本格的に拡大しようとする取り組みはほとんどなかった。

ファナティクスについては17年夏、ソフトバンクグループが10億ドルを出資したことで日本でもニュースになった。前身は1995年に創業されたフロリダ州ジャクソンビルの地元チームを応援するファンのためのスポーツ用品を扱う店舗。スポーツリーグの公式ストアの運営などで業績を拡大し、11年に電子商取引関連のGSIコマース社の傘下に入った。GSIはその後、電子商取引・決済大手のイーベイが買収。だが、GSI創業者のマイケル・ルービン氏はファナティクスを買い戻し、世界最大のスポーツライセンス商品の製造・販売会社に成長させた。

自前の工場や物流倉庫も

独アディダスや米ナイキといった大手スポーツ用品メーカーとの違いは、スポーツ用品ではなくファン向け商品を専門に扱うことだ。レプリカユニホームやキャップ、チームのネーム入りパーカ、Tシャツ、トレーナー、ポロシャツ、さらに小物、アクセサリーなど品ぞろえは豊富にそろう。ライセンス商品を専門に扱う業者はチームやリーグから権利を獲得した後、製造部門は外部委託するのが一般的。だが、ファナティクスは自前の工場や物流倉庫も持つ。

実際の店舗もあるが、主な販路はネットのオンライン通販。契約内容は個別に異なるものの、通常は契約したリーグ、チームの公式オンラインショップを運営する。たとえばMLBの公式ウェブサイト(MLB.com)の一角には公式ショップ(MLBshop.com)へのリンクがあり、その下にはファナティクスのロゴ。クリックすると全球団のファン向けグッズが並ぶオンラインショップに飛ぶ。同社以外の商品もそろい、売り上げに応じてリーグ、チームも潤うことになる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
設楽悠は2時間6分11秒で快走した

 低迷していた日本の男子マラソン界に2017~18年シーズン、明るい兆しが見えてきた。2月下旬の東京マラソンで設楽悠太(26、ホンダ)が2時間6分11秒と快走し、16年ぶりに日本記録を更新。井上大仁( …続き (2018/3/21)

小平奈緒選手の応援で長野県茅野市役所の会場に集まった人たち。パブリックビューイングは自治体が主体の場合のみ認められた=共同共同

 20年前の長野冬季五輪で最大のヒーローといえば、ノルディックスキーのジャンプで金2個を含む計3個のメダルを獲得した船木和喜(フィット)だった。当時22歳の船木はデサントの社員。高校卒業後の彼を同社が …続き (2018/3/7)

昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2018/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]