/

この記事は会員限定です

バドミントンでタイと関係深化 北都銀

(列島発)

[有料会員限定]

秋田県を地盤とする北都銀行が強豪のバドミントン部を通じてタイとの関係を深め、地方創生に生かしている。2020年東京五輪の事前合宿地として、同県美郷町に同国のバドミントン代表を誘致した。タイからの投資も呼び込み、訪日外国人(インバウンド)の拡大につなげたい考えだ。

美郷町で9月にタイ代表が練習合宿し交流が始まった。年明けに同町が誇る名水でつくった梅酒の輸出が始まる。松田知己町長は「スポーツから始まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン