/

この記事は会員限定です

富士フイルム、東大発VBに出資 ゲノム編集で創薬支援

[有料会員限定]

富士フイルムは東京大学発でゲノム編集技術を使った創薬ベンチャーのエディジーン(東京・中央)に出資する。富士フイルムの有効成分をとじ込めてカプセル状にする技術とエディジーンのゲノム編集技術を組み合わせ、遺伝子治療薬の研究開発を共同で進める。

近くエディジーンの第三者割当増資を引き受け、5億円弱を出資する。富士フイルムの出資比率は10%超になり、事業会社として最大になる見込み。出資と並行して、遺伝子治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン