ガイアックス、マイナンバーカード使う本人確認アプリ

2017/12/19 6:00
保存
共有
印刷
その他

ITpro

ガイアックスは2017年12月18日、マイナンバーカードをスマートフォン(スマホ)にかざして本人確認するスマホアプリ「TRUST DOCK 公的個人認証」の提供開始を発表した。秋田県湯沢市の市役所会議室シェアリングサービス「湯沢スペースシェアリング」において、会員登録時の本人確認手段として試験運用を開始した。

新アプリはスマホのNFC機能を利用して、マイナンバーカード内部に格納している電子証明書を読み取る。その後、サイバートラストの「サイバートラスト オンライン本人確認プラットフォームサービス」を利用して電子証明書の署名を検証する。ガイアックスとサイバートラストによると、マイナンバーカードによる本人確認機能に特化したスマホアプリは民間初という。

マイナンバーカード内の電子証明書を利用した本人確認を「公的個人認証」と呼ぶ。ガイアックスは民間事業者にも拡大していく考え。「FinTech事業者は本人確認の方法が犯罪収益移転防止法で決められている。現在主流の免許証を利用した方法だと、郵送による確認が必要で時間とコストがかかる。公的個人認証を利用すれば郵送が不要になる」(ガイアックス)。

例えば、仮想通貨の口座を開設するには、郵送による本人確認で3~5営業日かかる。ガイアックスは「公的個人認証を使えば、一瞬で口座を開設するようなサービスも可能になる」とアピールする。

(日経SYSTEMS 白井良)

[ITpro 2017年12月18日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]