/

この記事は会員限定です

メルケル氏の憂鬱と安倍1強 選挙制度の功罪

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

片や衆院選大勝で基盤を固め直し、政権6年目に入る安倍晋三の1強安定。片やドイツ総選挙から3カ月たっても新政権を始動できないアンゲラ・メルケルの憂鬱。今秋の日独の総選挙で、両宰相がそれぞれ率いる最大与党の得票率はほとんど同じだった。それなのにこうも明暗が分かれるのは、選挙制度が大きく違うからだ。小選挙区制と比例代表制の功罪を検証する。

難航するドイツ大連立協議

15日、ドイツの首都ベルリン。9月の連邦議会総選挙で第2党となっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン