2018年11月18日(日)

メルケル氏の憂鬱と安倍1強 選挙制度の功罪
 編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
(1/3ページ)
2017/12/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

片や衆院選大勝で基盤を固め直し、政権6年目に入る安倍晋三の1強安定。片やドイツ総選挙から3カ月たっても新政権を始動できないアンゲラ・メルケルの憂鬱。今秋の日独の総選挙で、両宰相がそれぞれ率いる最大与党の得票率はほとんど同じだった。それなのにこうも明暗が分かれるのは、選挙制度が大きく違うからだ。小選挙区制と比例代表制の功罪を検証する。

■難航するドイツ大連立協議

15日、ドイツの首都ベルリン。9月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

自民、選挙区75%占有[有料会員限定]

2017/10/24付

ドイツの選挙制度、比例代表の要素強く[有料会員限定]

2017/9/25付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報