/

豪、成長率予測2.5%に引き下げ 17年7月~18年6月

【シドニー=高橋香織】オーストラリア政府は18日に発表した経済・財政見通しで、2017年7月~18年6月の実質国内総生産(GDP)成長率を17年5月時点から0.25ポイント引き下げ、2.5%とした。モリソン財務相は記者会見で「賃金上昇率や消費が伸び悩んでいる」と述べた。

16年7月~17年6月の実質GDP成長率は2%だった。足元では住宅ブームやサービス業がけん引し、雇用が順調に拡大している。ただ、賃金の伸びが鈍いのが懸念材料。政府は17年7月~18年6月の賃金上昇率見通しを5月時点から0.25ポイント引き下げ、2.25%とした。

18年7月~19年6月の成長率見通しは従来通り3%としている。モリソン氏は「中国や日本など、豪州の主要な貿易相手国で経済が予想より好調だ」と指摘した。

20年7月~21年6月に、08年の世界金融危機以来となる財政黒字化を達成する見通しは維持した。今年度の税収が予想を上回る見通しとなり、予想される黒字幅を5月時点の75億豪ドルから102億豪ドルに拡大した。

モリソン氏は現在30%の大企業向け法人税を引き下げる意向を改めて表明した。記者会見に同席したコールマン金融相は、米国や欧州で相次ぐ法人税下げの流れに「豪州が取り残される」と懸念を示した。与党の保守連合政権は法人税の引き下げを目指しているが、最大野党の労働党が反対している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン