2018年10月22日(月)

温暖化影響4分の1に、旭硝子がエアコン向け冷媒

科学&新技術
2017/12/17 20:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭硝子は地球温暖化への影響を従来の4分の1以下に抑えたエアコン向けの冷媒を開発した。エアコンや冷蔵庫などに使われる代替フロン(HFC)を置き換える物質で、大気中に放出されると素早く分解されて気温の上昇を防ぐ。温暖化対策の一環で代替フロン規制は世界的に強まる見通しで、2020年代前半に生産を始める。

冷媒に使うフロンは人体に有害な紫外線を遮るオゾン層を破壊するため、2000年代から代替フロンへの切…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報