/

この記事は会員限定です

「待機児童の解消優先を」63% 本社世論調査

年収850万円超に増税「賛成」55%

[有料会員限定]

日本経済新聞社とテレビ東京による15~17日の世論調査で、幼児教育・保育の無償化と待機児童の解消どちらを優先すべきか聞いたところ、待機児童の解消と答えた人が63%にのぼった。幼児教育・保育の無償化と答えた人は27%にとどまった。

政府は8日、3~5歳の認可保育所や幼稚園を所得制限なしで無償化することなどを盛り込んだ子育て支援策をまとめた。だが、現在約2万6千人いる待機児童の解消に向けて、政府に保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン