/

古文書の崩した「かな」を判読 農工大がAI開発

■東京農工大学 中川正樹教授らは、古文書の崩し書きのひらがなを精度よく認識する人工知能(AI)を開発した。大量のデータから特徴を見つける深層学習を使い、3文字連なる場合でも88%の精度で判読する。古文書研究が進めやすくなるほか、記述式答案の採点の負担も減らすのに役立つとみている。

古い史料には、ひらがなや漢字の書体を崩して書いてある。現在の「あ」は「安」を崩した字だが、かつては「阿」を基にした字もある。

研究チームは人の脳をまねたニューラルネットワーク(神経回路網)を3種類組み合わせたAIを開発。井原西鶴の「好色一代男」など14編から約30万字の画像を深層学習させた。「か」と「う」のようによく似た形の字も区別し、50種類程度のかなの崩し字を認識できる。精度を競うコンテストでは、3文字の認識率でトップになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン