/

JR京都線で車両下から煙 2万人に影響、大阪・吹田

16日午前9時40分ごろ、大阪府吹田市のJR東海道線(京都線)岸辺―吹田間を走行中の姫路発近江塩津行き新快速電車(12両編成)の後方車両下から煙が出ているのを車掌が見つけ、非常ブレーキで停止させた。

JR西日本によると、一部のブレーキがかかった状態になっており、摩擦で煙が出た可能性があるという。乗客約600人は茨木駅で後続の電車に乗り換えた。けが人はなかった。

東海道線は京都―大阪の上下線で一時運転を見合わせ、計8本が運休、計44本が最大38分遅れ、約2万人に影響が出た。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン