/

この記事は会員限定です

電気式人工喉頭 声帯に代わる振動で発声

モノごころ ヒト語り

[有料会員限定]

声帯を含む喉頭を摘出し発声機能を失った人たちでつくる銀鈴会(東京・港)は週3回、当事者が講師となり、再び声を出すための講習会を開いている。主な方法は現在3種類ある。

食道に空気を取り込み、げっぷの要領で食道の粘膜を振動させる「食道発声」。習熟に時間がかかるが抑揚なども付けられる。「シャント発声」は気管と食道をつなぐ管を埋め込み、肺の空気で食道をふるわせ発声する。手術を要し数カ月ごとに器具の交換が要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン