/

この記事は会員限定です

医療のシゴト、AI味方に スタートアップが効率化

[有料会員限定]

人工知能(AI)で医療現場の様々な仕事を効率化するスタートアップ企業が増えている。問診表を基に医師の診察前に疾患の疑いを示すシステムや、病院で受診すべきか患者がスマートフォン(スマホ)で確認できるサービスを提供する。医療分野でAIは主に画像診断で使われてきたが、スタートアップが活用範囲を拡大している。

東京大学出身の医師らが設立したUbie(ユビー、東京・品川、阿部吉倫・久保恒太共同代表)は201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン