エアバスとタイ航空、タイの整備拠点合意

2017/12/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=小谷洋司】欧州航空機大手エアバスとタイ国際航空は、タイ政府と共同で同国に航空機の整備拠点を設けることで合意した。投資額は110億バーツ(約380億円)の見込み。格安航空会社(LCC)の普及などで航空機需要が急増する東南アジアに拠点を持ちたいエアバスと、航空機産業を誘致したいタイ側の利害が一致した。

15日、バンコクのタイ航空本社で両社が協力文書に署名した。タイの首都圏第3空港として整…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]