MonotaRO 工具通販で中国進出

2017/12/15 17:41
保存
共有
印刷
その他

■工具通販大手のMonotaRO(モノタロウ)と住友商事 15日、2018年中ごろをめどに中国で工具のネット通販を始めると発表した。18年1月に上海市に子会社を設立する予定で、まず数十万種類の商品をそろえる。住友商事は会社の設立などを支援する。モノタロウの海外進出は韓国、インドネシアに次ぐ3カ国目で、将来は中国全土への拡大を目指す。

モノタロウは国内でネジや軍手など約1300万点を取り扱い、17年12月期も7期連続の最終増益を見込んでいる。工場も多く間接資材の需要の高い中国への展開で海外でのさらなる拡大を目指す。当初は上海を中心に人口の多い長江デルタ地域で始め、主に中小企業向けに展開。多くの商品を取りそろえ、様々な企業の細かいニーズに応える。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]