VCジェネシア、ファンド総額40億円に

2017/12/18 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独立系ベンチャーキャピタル(VC)のジェネシア・ベンチャーズ(東京・港、田島聡一社長)はスタートアップ企業投資ファンドの運用総額を40億円に積み上げた。中小企業基盤整備機構(中小機構)などが新たに出資し、当初計画から10億円増えた。既存産業のデジタル化を促すスタートアップなどに注力し、投資全体の3割はアジア企業に充てる。

ファンドにはみずほ銀行、みずほキャピタル、日本ユニシスのVC子会社キャナル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]