人手不足深刻、DIは25年ぶり水準 12月短観

2017/12/15 11:21
保存
共有
印刷
その他

日銀が15日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、人手不足が一段と深刻になっている状況が浮かび上がった。従業員などの過剰感を示す雇用人員判断指数(DI)は全産業でマイナス31と、25年ぶりの低水準。不足感は中小企業ほど深刻で、小売りや飲食、宿泊業を中心に業績を下押しするとの懸念も強まっている。

雇用人員判断DIは、雇用者について「過剰」と答えた企業の割合から「不足」と答えた企業の割…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]