任天堂「スイッチ」中古品、新品より1割高続く

2017/12/15 9:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の品薄が続いている。発売から9カ月がたつ現在もインターネットの競売サイトでは中古品が新品より1割以上高い金額で取引されるなど、中古品価格が新品を上回っている。クリスマスを目前に控え「スイッチ」人気はなお続きそうだ。

ネットオークション比較サイト運営のオークファン(東京・渋谷)によると、競売サイト「ヤフオク!」のスイッチの平均落札額は12月上旬時点で3…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]