/

この記事は会員限定です

タイ新幹線、整備費1兆4600億円 日本の報告書

[有料会員限定]

【バンコク=小谷洋司】国土交通省は14日、タイ政府が日本の新幹線方式の導入を前提に計画する高速鉄道について総整備費を4200億バーツ(約1兆4600億円)とする報告書をタイ側に提出した。区間は首都バンコクと北部チェンマイを結ぶ約670キロメートル。日本側はバンコクから途中駅ピサヌロークまでの第1期(380キロ)の2025年開業を提案した。

訪タイした牧野京夫国交副大臣がタイのアーコム運輸相に報告書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン