地方消費税見直し、東京狙い撃ち
「消費実態」で配分変更

2017/12/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日に決定した2018年度与党税制改正大綱は、消費税のうち自治体の取り分となる地方消費税の配分基準を抜本的に見直した。東京都の税収が1000億円程度減り、その他の地方に配分が増える大きな改正だ。税収が大都市部に偏るのを是正する政治的思惑がベースにあるが、公平性などが問われる税制は根拠が必要。そこで焦点になったのは「消費」の実態をどうとらえるかだった。

地方消費税は都道府県が課税する地方税で、自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]