/

この記事は会員限定です

すかいらーく社長「今後2年はコスト先行」 店舗IT化

[有料会員限定]

すかいらーくの筆頭株主だった米投資会社ベインキャピタルが、11月下旬に全保有株を売却した。すかいらーくは2011年にベイン傘下に入り経営再建を進めてきた。14年には東証1部に再上場し、17年12月期の連結純利益は過去最高を見込む。独り立ち後の成長戦略をどう描くのか。谷真社長に聞いた。

――ベインが残り20%の株式を売却しました。

「新しいスタートを切った。今後はすかいらーく単独で経営戦略を打ち出していくことに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン