/

この記事は会員限定です

住友林業が民泊に参入 中古マンションなど改装

[有料会員限定]

住友林業は民泊事業に参入する。民泊の仲介や運営を手掛ける百戦錬磨(仙台市)と提携し、中古マンションや古民家を取得して民泊用に改装して運営する。2021年度末までに約100億円を投資し、物件をそろえる。本業の一戸建て住宅の国内市場が縮小するなか、民泊は18年6月の住宅宿泊事業法(民泊法)施行で事業環境が整うと判断し、成長を求める。

国内の有力民泊業者である百戦錬磨は訪日客の集客でJTBと、農家や古民家の紹介...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン