/

この記事は会員限定です

配車アプリ、東南アジアで陣取り激化

米ウーバー、タクシーと連携で現実路線

[有料会員限定]

ライドシェア(相乗り)ビジネスが急成長する東南アジア市場を巡る競争が激化している。世界大手の米ウーバーテクノロジーズはシェア拡大を優先し、タイやシンガポールなどで競合相手だった現地のタクシー会社と提携する戦略に乗り出した。東南アジア各国で事業基盤を固めるシンガポールの同業大手グラブに対抗する。自家用車の配車を中心にタクシーから客を奪って成長してきたウーバーだが、現実的な対応を迫られている。

ウーバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン