「ブラック校則」無くそう NPOらが実態調査へ

2017/12/14 18:30
保存
共有
印刷
その他

理不尽なルールを強要する「ブラック校則」をなくそう――。教育関係のNPO法人の代表らが14日、東京都内で記者会見し、新プロジェクトを立ち上げると発表した。中高時代にどんな校則や指導を経験したかなどのアンケート調査を実施。20~50代の最大2千人を対象にインターネットで行う。校則の実態を明らかにし、自治体や国にも調査などを促していく。

記者会見するプロジェクト発起人の渡辺由美子キッズドア理事長(左)ら(14日、東京都千代田区)

記者会見するプロジェクト発起人の渡辺由美子キッズドア理事長(左)ら(14日、東京都千代田区)

学校指導を巡っては、生まれつき茶髪なのに高校から黒染めを強要され、精神的苦痛を受けたとして、大阪府立高の女子生徒が府に損害賠償を求める訴訟を起こした。入学前に髪の色や癖毛が生まれつきと示す「地毛証明書」の提出を求める都立高もある。

こうした実態を受け、NPO法人「キッズドア」の渡辺由美子理事長、ウェブサイト「シノドス」の荻上チキ編集長らは、校則に関する体験談をSNSで募集。「整髪料も禁止だった」「黒タイツやマフラーが禁止だった」などの声が寄せられたという。渡辺さんは「学校に一定の決まりは必要だが、明らかに時代遅れな校則もある。学校内だけでなく、広く社会全体で議論する必要がある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]