2019年9月18日(水)

無人の自動運転車、東京・愛知で初の公道実験

2017/12/14 17:38
保存
共有
印刷
その他

運転席に誰も乗っていない自動運転車の公道実験が14日に始まった。公道上の無人自動運転の実験は日本で初めて。自動運転技術を開発するZMP(東京・文京)は東京都の支援を受け東京・江東の日本科学未来館前の150メートルを数回走り、測量ソフトを手掛けるアイサンテクノロジーは愛知県から委託を受け愛知県幸田町の町民会館周辺を約8キロメートル走った。

公道を走った実験車両は人が運転に関与しない自動運転車で、「レベル4」とも呼ばれる。警察庁が6月に策定した公道での遠隔型自動運転実証実験の新ガイドラインに基づく初の取り組みという。事前に作製した3次元地図を頼りにカメラやセンサーなどで走行地点を把握し、ハンドルやブレーキなどを自動制御する。安全のため車載カメラを通信システムにつなぎ、動画で運転状況を遠隔から確認した。

「2020年の東京五輪での、無人タクシーの実現に向けた第一歩を踏み出せた」。14日午後1時、日本科学未来館前で記者会見したZMPの谷口恒社長は笑顔でこう語った。会見には東京都副知事の猪熊純子氏や、自動運転タクシーの配車サービスの実用化を目指しZMPと提携した日の丸交通(東京・文京)の富田和孝社長も参加した。

ZMP(東京・文京)の谷口恒社長(右)と東京都副知事の猪熊純子氏

ZMP(東京・文京)の谷口恒社長(右)と東京都副知事の猪熊純子氏

ZMPの自動運転車は日本科学未来館前の公道を時速20キロで150メートルの直進を繰り返した。クルマが無人で滑り出すと100人近い報道陣からも「おおっ」とどよめきがあがった。谷口社長は「右左折や車線変更も技術的にはできる」とした上で、「まずは安全面を考慮し短距離、低速に抑えた」と説明した。

ZMPは16年12月、顧客情報の流出を受け新規上場を取りやめた。17年1月には自動運転タクシーの開発で共同出資会社を作っていたディー・エヌ・エー(DeNA)と提携を解消した。その後は自社で1年以上かけお台場での有人の自動運転実験を進め、東京都が国と共同で9月に作った「東京自動走行ワンストップセンター」の協力を得て実験を始めた。今後は少しずつ距離や速度を改善しながら、無人自動運転の実験を進める。

同日午前中には、愛知県から委託をうけたアイサンテクノロジーやティアフォー(名古屋市)が共同で、同様の自動運転実験を実施。運転席に誰も乗っていない自動車がなめらかなスタートを切ると、見学に訪れた地元住民らが一斉にカメラのシャッターを切った。実験は町民会館周辺の約700メートルの周回コースを時速15キロメートル以下で11周走った。

今年度中に名古屋市の官庁街など2カ所で同様の実験する見通し。試乗した愛知県の大村秀章知事は「すぐそこにある近未来を先取りする体験だった。実用化はすぐそばにきている」と話した。

(企業報道部 吉田楓、名古屋編集部 高橋耕平)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。