/

この記事は会員限定です

静岡の東海電子、運転手の安全をクラウド管理

[有料会員限定]

業務用アルコール検知器製造の東海電子(富士市)は、トラックやバスの運転手の安全運転をクラウド技術を通じて管理するシステムを開発した。運転手の健康状態などを記載した台帳や走行時間などの情報を把握しやすくし、危険予知や労働環境改善につなげる。業界での安全意識が急速に高まる中、きめ細かく運転手の安全を管理できるシステムとして売り込む。

開発したのはクラウドサービスを活用した運転者台帳作成システム「運輸安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン