/

この記事は会員限定です

学べる77カ国の家庭料理 「シェアエコ」の可能性

政策 現場を歩く

[有料会員限定]

海外の家庭料理を日本で学べるサービスがある。日本に住んでいる外国人が家庭料理を教えるもので、シェアリングエコノミーの一種だ。日本でも広がり始めた「シェアエコ」だが、新しいサービスにはいつも規制が立ちふさがる。他人に提供する料理は、お店で出すもの。こんな食品衛生法の考え方が壁になっている。

エジプトの朝ご飯は正午

12月中旬、西武新宿線の鷺ノ宮駅(東京・中野)から徒歩3分のマンションを訪ねると、エ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン