/

この記事は会員限定です

高齢者らの再犯、検察が防ぐ 福祉と連携

[有料会員限定]

万引きや無銭飲食といった罪を繰り返す高齢者や知的障害者について、検察当局が「入り口支援」と呼ばれる手法に乗り出している。捜査段階から福祉の専門家と連携し、刑事処分を決める前に、生活保護や医療などの支援策を手当て。社会復帰しやすい環境をつくって更生を促し、再犯を防ぐ狙いだ。

「20年間はホームレスだった。家族とも長らく音信不通だ」。大阪府内のパチンコ店で客の財布を盗んだとして窃盗容疑で逮捕された6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン