/

この記事は会員限定です

教育投資の優先順位を考える(4) 家庭環境で異なる学校の効果

赤林英夫 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

教育段階が上がると社会的収益率はなぜ下がるのでしょうか。その背後には、人的資本の「限界生産性の逓減」があると考えられます。これは投資を続けると費用対効果が下がる傾向のことで、どの生産過程にも見られる普遍的原理です。

幼児期や小学校期の教育の目的は言語や四則演算の習得、そして道徳性などの向上です。これらなくして次の段階に進んでも意味がない基礎的人的資本です。親の無関心や虐待により、こうした基礎技能を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン