2018年10月23日(火)
速報 > おくやみ > 記事

市川雄一氏が死去 元公明党書記長

2017/12/14 13:16 (2017/12/14 23:19更新)
保存
共有
印刷
その他

公明党書記長などを務め、細川連立政権を支えた元衆院議員、市川雄一(いちかわ・ゆういち)氏が8日、死去した。82歳だった。連絡先は公明党本部。告別式は近親者で行った。

1976年の衆院選で公明党から初当選。2003年まで9期務めた。自民、公明、民社3党の枠組みで成立した1992年の国連平和維持活動(PKO)法に象徴される公明党の安全保障政策の転換を主導した。

93年の細川非自民連立政権樹立の際は小沢一郎氏とともに立役者となり、その後の政権運営で「一・一ライン」と呼ばれた。

2010年に公明党常任顧問として党務に復帰した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報