2019年9月17日(火)

炊飯器や電気ポット、子供のやけど多発 消費者庁

2017/12/14 10:01
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は14日までに、炊飯器や電気ポットなどで子供がやけどをする事故が、10月までの過去7年間に少なくとも375件あったと明らかにした。うち、重傷は12件。同庁は子供が触れない場所で保管、使用するよう呼び掛けている。また、湯こぼれしにくいポットやふたをロックできる炊飯器など、安全性の高い製品を選ぶよう求めた。

消費者庁によると、2010年、床に置かれた電気ケトルが倒れ、こぼれた熱湯の上で腹ばいになっていた0歳児が重いやけどで入院。昨年7月には高さ50センチの棚にあった炊飯器が開き、中身がこぼれ落ちた。炊飯器につかまり立ちをしたとみられる0歳児が顔や手足にやけどをした。

岡村和美消費者庁長官は「本来なら防げた事故も多い。家の中だからといって安全ではなく、危険がないよう配慮してほしい」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。